プランツ・モジュール カルチャースクール

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月の好評 「花と雑貨のカメラ教室」コーディネート編

<<   作成日時 : 2010/01/31 18:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


今年も1ヶ月が終わりましたよ!
1年の目標の12分の1は、完了してますか??と山口先生が皆を焦らせています。
この4月より、新しい企画がいっぱいスタートしますので、
授業を一日に3つ、打ち合わせも連続で3つなんていう日も。
生徒さん、ご期待ください。

昨日より、「花と雑貨のカメラ教室・基礎編」の講師養成コースがスタートしました。
4月より、講師としてお教室にたっていただきます。
全員、こころざしの高い、責任感の強い、もちろん写真も魅力的な方ばかりです。
仲間として働いていただけることは、本当にありがたいことです。
正直、目一杯、会社がスタートしてから3年間、何から何まで、ガムシャラに取り組んできました。
エレガントではないですね〜
もう少し、落ち着いて、今後はプロデュースする側にも回りたいと思います。


講評<器から考える、日本の冬のコーディネート撮影>

さすがに皆さん、1年の締めに近づいてきたので、自在になってきました。
テーマをよく考えてくださったと思います。
基礎編からあがってこられた頃、カメラ技術があれば上手く撮れると思っておられたと思います。
しかし、もっと被写体をカメラ目線にしていくこと、
自分のイメージを持つことのほうが、
もっと大切ということに気がついて頂けたのではないでしょうか?

高級なレンズを持つことだけに固執するのではなく、それを使いこなすために感性を磨くこと。
絵筆を持っていても、絵は描けない、どんな絵を描こうとイメージがありますか?
ともかく頭で理論を考えるのではなく、手を動かすこと!


今月は「器」が主役なので、食べ物を乗せたイメージの美味しそうな写真が多かったです。
朝から、大根のおでんを煮て持参してくださった男子あり、
和に転びすぎない「今の日本」を表現した女子も複数あり…
磁器、陶器の冬の器、冬の柄の磁器、と安定した小物選びの写真が多かったです。

しかしながら、1月に「冬」というのは、若干、テーマが難しかったようで、
「新春」になってしまう傾向がありました。

また、カメラ目線で関心したのは、
「かぼちゃ、小豆のいとこ煮」を撮影した写真。
一緒に煮たものを盛り付けてしまうと、あまり見栄えがよくないのですが、
最初から別々に煮て、盛り付けの際も、
それぞれの色が綺麗に見えるように盛り付けておられました。
手間を惜しまないところが素晴らしい。

テーマで面白かったものは、
「日本の冬といえば、温泉」
温泉グッズで、あったか感を演出。
「受験生の母」
けんちん汁(具の色が綺麗に見えるように汁なし◎)と、
受験日をカレンダーに丸印したものを背景に。
「ひとりおでんをオレンジページ風、ダンチュー風に撮影」
露出、ライティングの違いで演出してくださいました。


2月は「撮影用の春色のフラワーアレンジ」です。楽しんでくださいネ!!


text&photo-Eri Iida

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月の好評 「花と雑貨のカメラ教室」コーディネート編 プランツ・モジュール カルチャースクール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる